現在地 地図。 あちこち方位

あちこち方位

地図 現在地

😇 そもそも線の引き方も「紙の地図に引くか」「球状の地球儀に引くか」も同時に2色の線で表示することも可能です。 00:29 「分類」のチェックボックを「空中写真」だけにして、写真のみを表示させることにします。 作者は幼い頃からオカルト全般(タロットは除く)が大好きですが特に方位を使う占術が大好物です。

自分が住んでいる町の昔の様子が知りたいです。

地図 現在地

😃 Your browser doesn't support video. 更新するのも気分、サボるのも気分。

自分が住んでいる町の昔の様子が知りたいです。

地図 現在地

☯ いつもPCデスクに座ってるかソファとか布団でゴロゴロしてます꜀. 00:37 マウスをあわせると、サムネイルが右側に表示されます。 それ以上でも以下でもありません(短い) 画面上の地図上に「自宅の位置」をポイントし、そこを中心に八方への分割線を引いて眺めるだけのページです。 マニア向けです 笑 マニアは 実践が好きなので色んなケースを試し、実感し、マニア道を突き進みます。

4

自分が住んでいる町の昔の様子が知りたいです。

地図 現在地

😀 でもまだその頃は地図といえば紙の地図。 2006年に気まぐれで公開してみたら多くの方々に賛同いただき嬉しくて続けていたらすっかり中年のおっさんになってました。 00:50 表示する年代を設定することができます。

20

あちこち方位

地図 現在地

⚓ 01:15 戦前に撮影した写真も表示することができます。 また方位磁石を使わなくても「自宅座標」を基準に西偏角を計算し反映させることもワンクリック。

17

自分が住んでいる町の昔の様子が知りたいです。

地図 現在地

🤫 その線の引き方は多くの占術のパターンに対応しており、 東西南北(四隅)を基準とした8方位から氣学でよく使われる少し特殊な8方位や12方位、風水で割と使われる均等24分割な方位など ワンクリックで切り替えできます。 自宅の俯瞰図が明瞭なものは高価だし地球は丸いし地球儀じゃ細かい事が・・・そこへ枯れたWEBブラウザスクリプトを再利用した 革新的なGoogleMapsが天才達によって生み出されたのを知り涙を流しながら使わせていただき作ったのが「あちこち方位」です(長い) 要するに「方位マニアのための方位確認が出来るページ」です。 作者は生粋のオカルトマニアですが、方位占術もかなり好きで「あちこち方位」も完全に自分向けに作ったのが始まりです。