レイカーズ 対 ピストンズ。 1950

1月31日(現地30日)の試合結果&ハイライト:レイカーズが接戦に勝利、ãƒ

ピストンズ レイカーズ 対

🎇 ウォリアーズはカリー、トンプソン、デュラントという1試合50得点も可能な爆発的なスコアラーを3人も擁しているからだ。

2月7日(現地6日)の試合結果&ハイライト:レイカーズが4連勝、ステフィン・カリーが57得点ほか

ピストンズ レイカーズ 対

👣 で2002年に引退したが現役に復帰。 マイヤーはコーチ就任最初の1年間を、マイカンの特訓に捧げた。

デトロイトピストンズ V/S ニューオーリンズペリカンズ

ピストンズ レイカーズ 対

✔ 刺激的なランニングゲームを展開し、(T)、(M)、(C)のアベレージ20得点を超えるハイスコアトリオはそれぞれの頭文字を取って、当時の人気グループをもじって"ラン・TMC"と呼ばれ、高い人気を誇った。

1月31日(現地30日)の試合結果&ハイライト:レイカーズが接戦に勝利、ãƒ

ピストンズ レイカーズ 対

🙄 レギュラーシーズン [ ] オールスター [ ]• NBAの前身であるBAA創設時からのチームである、を始め、、、、が解散の憂き目に遭った。

15

NBAピストンズがペイトン&マローンを加えたレイカーズを倒し、...

ピストンズ レイカーズ 対

🖕 444 ディビジョン準決勝敗退 3, レイカーズ 0 1967-68 52 30. マイカン・ルール [ ] 、リーグはゴール下に設けられた(ペイントエリア)をこれまでの6フィートから倍の12フィートへと拡大するが、このルール改正がマイカンを標的にしていたことは疑いなかった。 All-NBA Second Team:• 44 :1960-1974 C 50• マイカンはレイカーズとの契約にサインした。

18

2月7日(現地6日)の試合結果&ハイライト:レイカーズが4連勝、ステフィン・カリーが57得点ほか

ピストンズ レイカーズ 対

👐 1、通算958リバウンドをあげ、ドルフ・シェイズに次ぐリーグ2位の成績を収めた。 コービーはテイショーン・プリンス(元ピストンズほか)を中心とするディフェンス陣の前にフィールドゴール成功率38. 前回3連覇を達成した時のレイカーズには、史上最も支配的なビッグマン、シャックことシャキール・オニール(元レイカーズほか)と、史上屈指のスコアラー、コービー・ブライアント(元レイカーズ)というリーグ史上最高級のダイナミックデュオがいた。 年々成績を上げていくは、このシーズンにはついにチーム初となる60勝超えの61勝を記録し、16年ぶり、セントラル・デビジョンに編入されてからは初となる地区優勝を遂げた。

2003

ピストンズ レイカーズ 対

✍ 試合後、決勝シュートを外したことを記者に問われたジョーダンは、大好きなゴルフに例えて「世界最高のゴルファーでさえパットを外す」と答えた。 のファイナル進出以来45勝前後を行き来するシーズンが続いているは、このシーズンは大黒柱のが26試合を欠場するも52勝を記録し、は最優秀コーチ賞に選ばれた。

6