Question: なぜそのような日本の屋根があるのですか?

日本の伝統的な建築の曲がりくねった屋根は、ほとんどの建物の焦点です。 ...日本の夏がそれほど多くなるので、屋根の軒先を雨から保護するために屋根の軒先を雨から保護するために設計されています。

なぜ屋根が昔の日本の家にとても重くなるのか?

日本の気候雨が大きく雨が降っているので、雨水が家にはねかけていないように屋根がかなり広く設計されています。雨水のゆるみ下向きの屋根は簡単に逃げることができます。冬は急速で雪が降ると急速に地面に落ちます、屋根は重くありません。

日本語では?

は何ですか?

はなぜ中国の屋根が仏教徒が、この助けた病棟と考えられているため、例えば、寺院の屋根が湾曲している?

湾曲しています邪悪な精神から、直線の形をとると考えられていた。 ...ルーフアーチは複雑にフィットした垂木から似ています。

中国の屋根は何ですか?

中国では何が西漢屋根の屋根風としても知られています。股関節屋根の適応として東部漢王朝に由来した。それは主に宮殿、寺院、庭園、その他の公式機能を備えた建設に適用されました。

日本の屋根は何色ですか?

屋根。伝統的な日本の家は一般的にタイルが屋根されています。屋根のタイルは日本語の「川原」と呼ばれ、色は黒人です。

あなたは中国の屋根を何を呼んでいますか?

ハードヒル屋根(硬山顶yəngshəndəng)はメインリッジを持っていて、上に傾斜した尾根を育てました。閉じた壁それは前後に直面している2つの勾配がある非常に単純なスタイルでした。明、清にハード丘の屋根はほとんど共通の建物に使用された王朝、中国で低悪性度の屋根のスタイルと考える。

Reach out

Find us at the office

Matallana- Joscelyn street no. 54, 86628 Moscow, Russia

Give us a ring

Jonica Tundo
+51 512 235 929
Mon - Fri, 7:00-15:00

Tell us about you