西浦 教授 コロナ。 対談「西浦博先生に丁寧に聞く」の冒頭を公開(岩田健太郎『丁寧に考える新型コロナ』)|光文社新書

「8割おじさん」北大・西浦博教授に右からも左からも批判集まる 出口戦略のカギは5月6日

教授 コロナ 西浦

✆ 特徴的なのは、第二波では「実効再生産数」(ひとりあたりが生み出す二次感染者数)が小さめで、1. 森田:それは被害の大きさが予想できたとしても発表できないからですよね。

18

【コロナQ&A】西浦博教授に聞く「〈8割の接触削減〉は今も必要? ワクチンの効果は?」(婦人公論.jp)

教授 コロナ 西浦

🤭 予定していた手術が延期されたり、コロナ以外の病気で治療を受けないといけない患者さんを診られない、ということが起きています。 西浦 はい、臨床医には相当ハードルの高い話なのですが。

12

屋内接触減で感染減らせる 「8割おじさん」西浦氏が道民へメッセージ(北海道新聞)

教授 コロナ 西浦

😋 日本でも、日本のやり方にあった、もっと成熟した形で実現できるんじゃないかと感じています。 そして、誰がそういうふうに設計したのか、この国の民主主義の根幹にさえ関わりかねない状況を認識しているでしょうか。 専門家の判断と政策判断は違って当然 西浦:今の「Go To」キャンペーンの政策議論もありますけど、政策に関して専門家と政治のそれぞれの本音やズレが明確である、という最近の状況はよくなかったと思っています。

吉村洋文が中野貴志の「K値」に飛びついて破綻するまでの経緯を振り返る

教授 コロナ 西浦

🔥 首相の解除するかもね発言に「マジでか?」 森田朗氏(以下、森田):提言、助言を上げていったときにうまくいかなかった事例で、印象に残っているものはありますか。 でも、すでにピークアウトしていた4月15日、8割削減しなければ42万人が死ぬ、という試算が出された。 「インドアのあそこか」と感染者の方たちの行動歴を聞いていると想起されることが多いです�. 西浦博教授『「GoToトラベル」と感染拡大の因果関係について考える。

17

【コロナQ&A】西浦博教授に聞く「〈8割の接触削減〉は今も必要? ワクチンの効果は?」(2020年12月10日)|BIGLOBEニュース

教授 コロナ 西浦

🙃 そして4つめの「コンプライアンス」ということですが、例えば他力的な対策も含めてですが「オックスフォード・ストリンジェンシー・インデックス」という流行対策の強さを表す指標がありますが、そういうのに加えて、人と人との距離を取ることがどれぐらい守られているかとか、マスク着用がどれぐらいできているかとか、そういうものがコンプライアンスに相当すると思われます。 因果関係が疑われる中、政策を継続することによって 注意義務違反が起こらないようにするためにも、議事録の残った会議体の中で 科学者として勇気を持って毅然と発表することが求められていた。 3月20日、感染者3983人、死者177人 パブ・クラブ・レストランを閉鎖。

1

「このままいくと感染爆発に近づく」 8割おじさんが訴える政策の切り替え

教授 コロナ 西浦

🤐 これは、感染症の専門であるに「多くの[感染症の専門家の]人達が数理モデルそのものを理解していない」とあることでも裏付けられます。 すると、それは2つの集団の感受性人口が合わさって1つになるわけだから、 感染規模もより大きなものになる。

11

【コロナQ&A】西浦博教授に聞く「〈8割の接触削減〉は今も必要? ワクチンの効果は?」

教授 コロナ 西浦

⚠ あまりにも現実的な数字ではなく、西浦北大教授は 各界からの批判にさらされることになります。

10