デジタル 人民 元 の 実証 実験 が 行 われ た の は。 導入目前「デジタル人民元」に出遅れ「デジタル円」でビジネスはどう変わるか

中国が、デジタル人民元の実験都市を拡大。

行 の 実験 われ が 実証 た は デジタル の 元 人民

⚛ 一方、バハマではCBDC「サンドドル(Sand Dollars)」の計画が2018年に発表され、今年の10月には発行が予定されるなど、国の決済システムや国際的な影響力によって発行までの進捗が大きく異なるとも言えます。 中国の中央銀行である中国人民銀行( PBoC)はデジタル人民元( DCEP)について、すでに 5-6年の研究を行ってきた実績があり、 1 デジタル人民元に対応した金融システムの構築および各金融機関との連携 2 各金融機関による国民への流通(交換) 上記のような過程を経て、中国国内で普及が図られるとされています。 すでにスマホで無線通信型の技術を使用して非接触型決済を実現したApple PayやGoogle Payと比べると、デジタル人民元は送金も可能になる点が特徴である。

17

中国が、デジタル人民元の実験都市を拡大。

行 の 実験 われ が 実証 た は デジタル の 元 人民

✊ 金融機関がすでに流通している銀行券を差し出すことで、その分のデジタル人民元を発行してもらう仕組みである。

中国蘇州市でデジタル人民元の実証実験、滴滴(DiDi)、ビリビリ動画でも試験運用

行 の 実験 われ が 実証 た は デジタル の 元 人民

📱 銀行によっては現金の受け取りを行わないところも出てくるなど、デジタル通貨の普及による弊害もありますが、金融政策のさらなる促進に向けて中国政府はCBDCを活用する姿勢をみせています。 CBDCは中央銀行といった既存の金融システムがブロックチェーン技術を生かしてより円滑に決済ができることを目指したステーブルコインです。

中国蘇州市でデジタル人民元の実証実験、滴滴(DiDi)、ビリビリ動画でも試験運用

行 の 実験 われ が 実証 た は デジタル の 元 人民

😝 相手は、世界2位の経済大国である。 これは、個人間の支払いについても言えることであるし、また店舗では受け取ったデジタル通貨を即座に仕入れのための支払いにあてるといったことができる。 中国は2022年の北京オリンピックにおけるデジタル人民元の利用を目指して各省で実証への取り組みが行われており、バハマが世界に先駆けて「サンドドル(Sand Dollars)」の発行を行うことで、各国におけるCBDCへの取り組みはさらに活発になることが予想されます。

10

中国が、デジタル人民元の実験都市を拡大。

行 の 実験 われ が 実証 た は デジタル の 元 人民

👀 このなかで「法定デジタル通貨の全体的な設計、規格の標準化、影響の研究、複数機関による調査実験が基本的に完了した」と公表した。

12

CBDC(中央銀行発行デジタル通貨)のメリット|中国や日本での取り組み

行 の 実験 われ が 実証 た は デジタル の 元 人民

🚒 中国は AlipayやWeChat Payといった決済サービスが当たり前で、中央銀行である中国人民銀行 PBoC は商業銀行間でデジタル通貨による取引を2017年にすでに行なっていました。 内容はまだ貧弱であるが、実証実験を国内28都市に広げつつ、個人どうしでやり取りする機能など必要な技術の確立を急いでいるという。 また、中国ではデジタル通貨に関するテキストブック「」が発売され、政府および企業がブロックチェーンプラットフォームを提供する取り組みも行われています。

4

日銀「デジタル円」の実証実験へ

行 の 実験 われ が 実証 た は デジタル の 元 人民

😩 調査統計局、国際局、国際決済銀行(BIS を経て日銀を退職。

日銀「デジタル円」の実証実験へ

行 の 実験 われ が 実証 た は デジタル の 元 人民

💔 中国人民銀行 中央銀行 デジタル通貨研究所の穆長春所長は2020年10月25日に、上海市で開かれた金融関連のイベントで、デジタル人民元について、「財布機能は統一的なものをつくる」と、語った。 銀行間での大口決済に用いられるようになることが予定され、2019年には利用が開始されるとしています。

2