租税 特別 措置 法。 租税特別措置法施行令

租税特別措置法(山林所得・譲渡所得関係)の取扱いについて 前文|国税庁

法 措置 租税 特別

😍 33の4-3の3• 37-16• 36の2-6• )の設定に際し、借地権者から借地権設定者に対し、保証金、敷金などその名称のいかんを問わず借地契約の終了の時に返還を要するものとされる金銭等(以下この項において「保証金等」という。 33-44の2• H28. 第七節の三 関連者等に係る利子等の課税の特例• (4) 増改築等に係る住宅借入金等の金額の合計額が、当該増改築等に係る工事に要した費用の額(以下第41条関係において「増改築等に要した費用の額」という。 (昭61直所3-18、直法6-11、直資3-6追加、昭63直所3-21、直法6-11、平3課所4-8、平11課所4-11、課法8-8、課評2-10、平15課個2-7、課審3-7改正) (補助金等) 41-26の2 措置法第41条第18項並びに措置法令第26条第5項及び第23項に規定する補助金等(以下41-26の4までにおいて「補助金等」という。

7

租税特別措置法

法 措置 租税 特別

👎 34の3-1 措置法第35条《居住用財産の譲渡所得の特別控除》関係 [居住用財産の譲渡(第2項関係)]• 40の3の2-1• 35の2-3• 六 分割承継法人 法人税法第二条第十二号の三に規定する分割承継法人をいう。 41の5の2-6• 34の2-16• 32-8• イ 当該家屋がその居住の用に供されなくなった日以後3年を経過する日の属する年の12月31日 ロ 当該家屋をその居住の用に供されなくなった日から1年以内に仮換地の指定があった場合(仮換地の指定後において当該居住の用に供されなくなった場合を含む。

10

租税特別措置法(山林所得・譲渡所得関係)の取扱いについて 前文|国税庁

法 措置 租税 特別

😀 )の構成員(同号に規定する「所得税法第28条第1項に規定する給与等又は同法第30条第1項に規定する退職手当等の支払を受ける個人」に限る。 以下この項において同じ。

9

租税特別措置法(山林所得・譲渡所得関係)の取扱いについて 前文|国税庁

法 措置 租税 特別

💙 相続による土地の所有権移転の登記の促進を特に図る必要があるものとして、政令で定めるものであり、かつ、課税標準たる不動産価格が10万円以下の場合、相続による所有権移転登記は、登録免許税は非課税となる。 (平11課所4-11、課法8-8、課評2-10追加、平15課個2-7、課審3-7、平23課個2-35、課審4-47改正)• (平28課資3-4、課個2-33、課審7-11、徴管6-24改正) (1) 当該従前の宅地の所有者(借地権者を含む。 第十七節 連結法人に使途秘匿金の支出がある場合の課税の特例(第六十八条の六十七)• H31. (平29課個2-15、課審5-6追加、令元課個2-24、課法11-4、課審5-13改正) (登記事項証明書) 41-29の5 措置法規則第18条の21第9項第1号へに規定する「従前家屋の登記事項証明書」は、従前家屋が災害により居住の用に供することができなくなったことを明らかにするための書類として確定申告書に添付することとされているものであるから、当該登記事項証明書は、原則として、従前家屋の閉鎖登記記録に係る登記事項証明書であることを要することに留意する。

租税特別措置法84条の2の3第1項

法 措置 租税 特別

☝ )を超えない場合 その預貯金の当該計算期間に対応する利子 二 その合同運用信託の元本とその金融機関の営業所等において財産形成非課税住宅貯蓄申込書を提出して信託した他の合同運用信託の元本との合計額が、その合同運用信託の収益の分配の計算期間を通じて、その者がその勤務先等及び金融機関の営業所等を経由して提出した第四項に規定する財産形成非課税住宅貯蓄申告書に記載された同項第三号に掲げる最高限度額を超えない場合(その合同運用信託が貸付信託である場合には、その収益の分配の計算期間を通じて社債、株式等の振替に関する法律に規定する振替口座簿への記載又は記録その他の政令で定める方法により管理されている場合に限る。

8

通達目次/租税特別措置法関係通達(法人税編)|国税庁

法 措置 租税 特別

☮ )を通じてその交付を受ける場合には、その支払を受けるべき国外一般公社債等の利子等については、同法第二十二条及び第八十九条の規定にかかわらず、他の所得と区分し、その支払を受けるべき金額に対し百分の十五の税率を適用して所得税を課する。 )のうち一定のものに基づき都市再生事業のうち一定のもの(以下「特定民間都市再生事業」という。

17

平成31年4月1日以降の登録免許税に関するお知らせ:法務局

法 措置 租税 特別

👀 )が対象譲渡資産一体家屋等(同項に規定する「対象譲渡資産一体家屋等」をいう。 33-29の2• 0%にまで(平成31年3月31日までに開始する事業年度については15%)まで税率が下がります。 34の2-5• 31・32共-6• 8 特定国際船舶の所有権の保存登記等の税率の軽減()• 二 十二 連結所得 法人税法第二条第十八号の四に規定する連結所得をいう。

13