若紫 現代 語 訳。 若紫についてです。

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳

現代 訳 若紫 語

💓 この時に 僧都 ( そうず )が向こうの座敷のほうから来た。

6

『源氏物語』の現代語訳:若紫13

現代 訳 若紫 語

☎ 初秋の七月になって宮は御所へおはいりになった。 生ひたたむありかも知らぬ若草をおくらす露ぞ消えむそらなき これからどこで生い立っていくのかも分からない若草のようなこの子を、後に残して消えていく露の身の私は、消えようにも消えていくところもありません。

9

同時通訳 源氏物語 (若紫) ≪現代語訳≫: 二条の院は近ければ

現代 訳 若紫 語

☕ というのが尼君からの返事である。 他の女房たちは、思いもよらないことなので、「この月になるまで、帝にご奏上をされなかったこと」と、驚きになっている。

紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 若紫

現代 訳 若紫 語

😚 弁は扇拍子をとって、「 葛城 ( かつらぎ )の寺の前なるや、 豊浦 ( とよら )の寺の西なるや」という歌を歌っていた。 「や」の後に、「あらん」などが省略されている。

同時通訳 源氏物語 (若紫) ≪現代語訳≫: 二条の院は近ければ

現代 訳 若紫 語

🍀 少納言の乳母と(他の)人が呼んでいるような人は、この子の世話役なのだろう。 その中に、十歳ほどであろうと思われる、白い下着に、山吹襲で着慣れている物を着て走って来る女の子がいます。 [現代語訳] 「その中に、順調に行かない所があり、お慎みにならなければならないことがございます」と言うと、煩わしく思われて、「自分の夢ではない、他の人の夢を申したのだ。

20

「源氏物語:若紫・北山の垣間見〜後編〜」の現代語訳(口語訳)

現代 訳 若紫 語

👉 「侍る」は係助詞「なむ」に呼応している。 暁方になったので、法華三昧を勤めるお堂の懺法の声が、山下ろしの風に乗って聞こえて来る、とても尊くて、滝の音に響き合っていた。 私の 膝 ( ひざ )の上へお 寝 ( やす )みなさい」 と源氏が言った。

7

源氏物語『若紫/北山の垣間見』現代語訳(1)(2)

現代 訳 若紫 語

☺ 内裏の帝には、物の怪のせいにして紛れて、すぐに兆候がないというように奏上したのだろう。

『源氏物語』の現代語訳:若紫16

現代 訳 若紫 語

💢 」と申し上げなされるが、とても不似合いなことを、そうとも知らないでおっしゃっている、とお思いになって、打ち解けたご返事もない。 「の」の見分け方については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。

17