行う 行なう。 教科書の言葉 Q&A 第19回

行う/行なう

行なう 行う

♥ しかしこれは誤りです。 この表からもわかるように、 あくまでも「おこなう」の正しい送り仮名は「行う」であり、「行なう」は使ってもいいですよという許容の扱いであることがわかります。

16

「行う」という言葉を目上の人に使う際に知っておきたい敬語表現

行なう 行う

✔ これにより、 現在では公的機関やビジネスシーンでも「行う」を使うのが一般的ですし、教科書でも「行う」が使われています。 また 3は「おこなった」です。 どちらを使っても問題ありません。

20

『行う』と『行なう』正しいのはどっち?違いや使い分けを徹底解説!

行なう 行う

✆ 右の括弧内の表記は許容されている送り仮名ではありますが、基本的には左側の方が正しいのでそちらを使った方が無難です。 ただ,通則1には,活用語尾の前の音節から送る「行なう」も許容であると記されています。 ちなみに、国語審議会(こくごしんぎかい)とは、日本の国語政策に関する審議会のことです。

20

「行う」と「行なう」

行なう 行う

⚑ しかしこの考えは、世の趨勢からして、少数派のようです。

『行う』と『行なう』正しいのはどっち?違いや使い分けを徹底解説!

行なう 行う

☕ 死にとらわれず、「道」に沿ってありのままの自分を受け入れる事が本当の長生きである。

1

『足るを知る』の本当の意味知ってますか?続きがあるの知っていますか?

行なう 行う

⚡ 厳密に分けると 「行う」は自分や相手の動作を表す場合、「行なう」は何か物事を進める場合に使うとされています。

10

表記統一の観点からいうと、「行う」ではなく「行なう」が正しい

行なう 行う

😈 後に『送り仮名の付け方』で 「ただし……」の例外規定を廃して、 本則:「行う」 としたものの、前記の経緯を考慮して 許容:「行なう」と書くこともできる。 ですから私は万全を期すために、原稿の校正・リライトをする際には必ず、「表記統一メモ」を作成します。

14

「行う」と「行なう」の違いは?使い分けの意味と公用文での正しい使い方

行なう 行う

🚀 主(おも・ぬし)• これらは、リンク先で詳しく解説していきたいと思います。 「おこなう」を活用してみると「おこなわない」「おこなえば」「おこなえ」というようになるので、「おこな」までが変化しないことが分かります。 表す(表わす) 著す(著わす) 現れる(現われる) 行う(行なう) 断る(断わる) 賜る(賜わる) 文化庁は送り仮名の送り方の許容といて上記のように示しています。

17

『行う』と『行なう』正しいのはどっち?違いや使い分けを徹底解説!

行なう 行う

📞 話が逸れついでに私的な感想を書いておきます。 送り仮名を迷いがちな言葉一覧 他にも、正しい送り仮名の付け方が曖昧になってしまいがちな言葉はたくさんありますね。 文字は要は情報伝達ができればいいので。

11