Question: 融合歯がどれほど一般的であるか?

融合は、クラウンレベル(エナメル質と象牙質)での2つの隣接する歯の連合を特徴とする希少発生障害であり、拡大臨床クラウンの歯の形成を引き起こします。この異常の発生率は、永久的に約0.1%、一次歯列の0.5%です。

は融合歯遺伝的ですか?

融合は、2つの歯芽が大きな歯を作るために融合するときです。身振りは、二重歯とも呼ばれるじょうが、2つの接合された冠を呈し、通常は単一の根を示す異常です。それは分割する単一の歯の胚芽の不完全な試みを表します。それは遺伝的および環境的な原因を持つ病因の多因子的な原因と考えられています。

は、融合した歯を固定することができますか?

溶融歯の治療は通常、学際的なアプローチを必要とします。この症例報告書は、早期混合歯列段階における一方的に融合した上顎左中央および外側切歯の外科的および歯列矯正の管理を提示している。

融合歯の原因は何が原因となりますか?

は融合の正確な病因は不明、圧力または物理的力ですが2つの発展歯の芽の間に密接な接触を生み出すことは可能な原因として報告されており、外傷、遺伝的および環境要因も寄与要因としても関係があります[3-6]。

Ankylosed Deatは除去される必要がありますか?

患者の歴史とX線も診断をサポートするためにそこにあります。アンキロ症を治療する際には、永久歯であれば抽出する必要はありません。選択する治療選択肢が多い:歯列矯正治療は、アンキラス歯の必要な位置合わせを再配置するための治療矯正治療を選択する。

Reach out

Find us at the office

Matallana- Joscelyn street no. 54, 86628 Moscow, Russia

Give us a ring

Jonica Tundo
+51 512 235 929
Mon - Fri, 7:00-15:00

Tell us about you